鍵交換をしないことで起こる合鍵を使った犯罪

合鍵作成は簡単!専門業者に聞いた上手な鍵の複製方法 合鍵作成は簡単!専門業者に聞いた上手な鍵の複製方法

合鍵を活用した犯罪に要注意

合鍵を使った犯罪もたくさんあって、被害がなかなかなくなりません。考えられるトラブル事例と手口について見ておきましょう。

合鍵を使った犯罪の事例

中古物件で鍵を交換していない場合は要注意です(鍵専門業者)

中古物件で鍵交換していない場合に、前の入居者が侵入するリスクがあります。別途費用がかかったとしても必ず鍵交換して、トラブルを未然に防ぎましょう。同じ建物内で鍵をローテーションする業者もあるので、きちんと確認しないとリスクです。何件か鍵を差し込んでみて空いた部屋に忍び込む手口もあるため、一人暮らしする場合は気をつけましょう。大家さんが「鍵を全て返してもらった」と話していても、こっそり作成した合鍵を持っているリスクがあります。防犯対策のため自分で鍵交換しても構わないか確認して、セキュリティを強化しましょう。

住所を特定されると、合鍵を作って入られてしまいます(鍵専門業者)

車上荒らしやひったくりにあった時、住所が特定されるとリスクです。抜き取った鍵から合鍵を作成、後日犯行に及ぶ手口があります。お財布や自動車のポケットに免許を入れている方は多く、盗まれてしまうと住所を簡単に把握されてしまいます。鍵を開けた形跡があっても何も盗られていないから、と油断しないで、自宅の鍵交換を済ませましょう。併せて警察や鍵業者に連絡して、被害拡大を防ぎます。一次被害で終わらずどんどん被害が拡大すると精神的な負担も重くなるので、できるだけ早い対策が不可欠です。空き巣の手口も巧妙化していて心の隙間を狙ってくるので、日常的な防犯意識が求められます。

鍵の重要性を考える

合鍵作成が手軽にできるようになったがゆえに、深刻な犯罪も増えています。トラブルを防ぐためにも鍵の大切さを今一度確認して、防犯対策を考えましょう。合鍵作りが難しいものへと鍵交換して被害拡大を防ぐ方法もあるので、必要に応じて検討します。一定の費用はかかりますがトラブル防止には効果的で、安心して生活するための準備と言えます。

TOPボタン